大手の航空会社は航空券を購入したり予約したりする窓口が多いです。これらを運営するコストは莫大です。格安航空会社(LCC)の場合は、窓口が非常に少ないです。基本的にはインターネット予約ですから格安航空券を提供できます。
このように格安航空会社(LCC)は安いかわりに我慢しなければならないところもあります。
今回は【格安航空会社を利用する場合に我慢しなけれならないことの一例】をご紹介しています。

空港が遠方にあったり、搭乗口が遠かったりします。

Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCを利用する場合の空港は路線によっては誰もが知っているような空港だけでなくマイナーな空港であることも多いです。
しっかりと調べておかないと航空運賃が安くても、その空港まで行くアクセスでお金が余分にかかることもあります。
そして、有名な空港であっても搭乗ゲートが遠いこともあって不便です。

例えば那覇空港。空港に到着したあとバスに乗ってエルシーシー専用ターミナルに移動しなければならないこともあるのです。
こういったケースもありますから、時間も余裕を見ておく必要があります。不便さを我慢しなければなりません。

格安航空会社(LCC)の場合は遅延も多いので我慢してください。

強風の様子
大手の航空会社と比べると、空港に駐機する時間をできるだけ短くしてコストセーブをします。
ですが、大雨や大雪や強風など天候が悪くなって遅延したら、フライト数も多くないですから、大幅に遅延します。

まだ同じ日付の遅延ならばマシです。翌日になるようなことも珍しくありません。

格安航空会社(LCC)で乗継を考えているような旅行計画を立てているならば余裕をもって置かないとこまります。
激安で飛行機にのれるのがメリットですが、注意をしなければならないこともあります。
心配ならば国内旅行ツアーやパックを利用するほうがいいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

格安航空会社を利用する場合に我慢しなけれならないことの一例をご紹介しました。
空港が遠方にあったり、搭乗口が遠かったりしますから、時間やアクセスはきちんと調べておきましょう。
時間帯によったらタクシーを使う必要があったり、前泊・後泊が必要だったりします。それならば大手の航空会社を使ったほうが安かったというケースもあります。
また遅延も多いのでこれも覚悟をしておかなければなりません。

他の航空会社に乗ることもできないのです。国内旅行をする場合には格安航空券がいろいろあります。格安航空会社(LCC)を使うのも一つですが、早期割引を使った格安航空券を使う手もありますよ。